赤い岩と白い岩の芸術作品☆
2016.10.05
朝、他のお客さんのシャワーの音で目が覚めた

ちょーど、Breakfastの時間だ

このホステルはBreakfastが無料で付いている

って言うか、大体ホステルには無料で付いている所が多い

一階に降りて行くと従業員のお姉さんがパンなどを用意していた

一見無愛想だが、こちらから挨拶すると笑顔で返してくれた

用意が終わるのを待って、パン、全粒粉パン、ワッフル、マフィン、コーヒー…



全部頂きました

食べてると他のお客さんが入ってきた

昨日、仲良くなったアメリカ系中国人のおじちゃん「マイケル」だ

そう

実は昨日、夜部屋に戻ったら、新しい宿泊客がいて、それが「マイケル」なんだ

マイケルはアメリカ系中国人とゆー珍しいタイプ

今日、仕事で一度LAに行って、夜ここへ戻って来るらしい

で、明日にはもうここを発って、サンフランシスコやらフロリダやら色々寄って、中国に帰るんやって

「長旅やぁ〜(´・_・`)」言うてた

とりあえず「また今夜」って言って、爽やかな笑顔を残して、LAへと旅立って行ったマイケルでした

俺はパンが足りなかったので…



おかわりしました♪

部屋に戻ったら空いているベッドがあったので、そちらに移動した

実はここの二段ベッド、寝てる人が動くとかなりの音を立てて軋むのです

俺の上で寝てる若者

昨日からずっと寝返りうちまくりの、寝言言いまくりの、イビキかきまくりなので、もし他の人が隣りのベッドを使わなかったら、そこへ移動しよーと決めてたのです

ちなみにその二段ベッドの上のお客さん、まだ寝てるんやけど、とりあえず、10分に1回のペースでオナラをするんです

どんだけガス溜まってんねん

あ、起きてきた

あ、トイレ行った

あ、戻ってきて、俺がさっきまで使ってたベッドに寝たw

多分、昨日、しこたま飲んだんやろーなぁ

せっかくやから仲良くなってみたいけど、タイミングがないなぁ

とか思ってたら、先ほどの従業員の方がその人に…

「check outの時間だよ」

って伝えにきた

おぉ、今日帰るんかぃ

あんた、まだパジャマやんか

確実にレイトチェックアウトになるやんか

って、人の心配してんと、俺も用意しよ

今日はまたまた秋田さんの友達の方がラスベガスにもいるらしく、Lunchに誘って頂いたのです

と、その前にホステルのフロントに行かなきゃ

本当は明日の朝にはラスベガスを発つつもりやってんけど、急遽あるツアーに参加する事にしたので、ラスベガスをもう一泊延ばす事にしたんです

その手続きをしなきゃいけなくてなんです

説明したらすんなり手続きしてくれた

さ、それじゃLunchの場所に向かいますか

ん!?

さっき朝食べたばっかやん

って思いました?

まぁ、あれから数時間は経ってるんですが、まだまだお昼の時間ではない

じゃなんでかって?

実はラスベガスでは基本、Busには乗らない様にして、歩いて移動してるんです

特に意味はありません

なんとなく歩きたくなって、気がついたら昨日も15kmくらい歩いてました

そんなわけで、少し早めに出ないと約その時間に遅れてしまうんです

話を戻して…

ホステルを出てひたすらストリップの方に歩きまして

今日はアメリカ来て一番の暑さの炎天下



湿度が低いラスベガスなんですが、そんなラスベガスでも汗が吹き出るレベル

そんな中を歩いていると、ホテルとブランドのショッピングモールが一緒になってる建物発見

この中通って行ったら近道やん

そして、冷房効いてるやん

これはマジで有り難い

ブランド品を眺めながらモールの中を通らせてもらった

そして、逆側の出口から出たら…

なんと、車専用の道しかなくて、徒歩の場合、かなりの遠回りをせなあかん事に

やってもーたー

このままじゃ約束の時間に間に合わへん

仕方ない

ここで登場「Uber」

アプリで行き先を指定したら、それだけでOK

後は迎えに来てくれるのを待つだけ…

の筈やのに、どうやら運転手さんが俺の場所を見つけられないらしい

電話がかかって来ましたとさ

いやいや、対面してならある程度話せるけど、まだ電話ではさすがに厳しいです

って言っても、出なかったらこのまま見つけてもらえず、遅刻してしまう

とりあえず出てみて、今の場所をなるべくわかりやすく伝えました

そしてら、なんと理解してくれたみたいで、その後すぐに迎えに来てくれまして



なんとか無事Uberに乗れて、約束のお店に着きました

ここはラスベガスのチャイナタウン

待ち合わせのお店もこんな感じ





なんと飲み物を頼んだら、餃子と春巻きと唐揚げが食べ放題とゆー元ホンマに取れてんのかな?的なお店w

そりゃ底無しJさん、食べまくるよね

追加の餃子が間に合わない程、食べまくるよね

飲み物はこんなの頼みました



軽く腹ごしらえも出来たところで、秋田さんの友達とそのまた知り合いの方が、せっかくやしとラスベガスの名所に連れてってくれました

その名も…

「Red Rock Canyon」

名前の通り、ホンマに赤い岩なんです



多分、鉄分が含まれてるのかな?



でも、実はこの場所…

「White Rock」あるんですw



ちなみにこの場所は先住民の石切り場だったらしいです



なんか赤と白のコントラストが本当にアートで、規模がデカいとかとはまた違った良さがありました



せっかくなので、思い出作りにやりました



ただ、背景と被ってしまって、よくわからないよねw

カレナイのメンバーにこの画像送ったら…

「どこかわからなかった」とか「カメレオンかと思った」って言われましたw

そんなわけで、ラスベガスの名所に連れていってもらい、帰りにはホステルまで送ってくれました

秋田さんの友達のエリさん、そして知り合いのマイケルさん、本当にありがとうございました☆

ホステルに帰ってきたら、あのオナラ兄さんのベットに新しい宿泊客が入ってました

部屋にはいるとすぐにこちらに気付き、会話になった

「どのベッドを使ってる?」

とか…

「あのバックパックは君のかぃ?」

とか…

「どこ出身なの?」

とか聞かれて、JAPANて答えたら…

「コニチハ」って日本で頑張って返してくれた

ちなみにその彼は中国人

なんか俺、中国からの宿泊客と仲良くなる傾向があるのかな?

彼女が日本人やから、日本語少しだけわかるって言ってました

その後もなんかイヤホンで聴いてるなって思ってたら、音漏れしてて…

日本語の勉強をしてたみたいです

こーゆー向上心ある人、好きです♪

その後、音漏れで聞こえた言葉で話し掛けてきてくれました

こんな出逢いがあるから、ホステルには普通のホテルより楽しみがあるんですよね♪

そんな感じで本日はここまで

明日は急遽予定に組み込んだツアーに行ってまいります

楽しみやわぁ〜

そんなこちらは夜の22時前♪

C-ya☆
Comment list
Comment

NAME

URL

MESSARGE

- chill seeker official website. -